めえさんのある1日

カテゴリ: 徒然日記

K4021122
いつもはけっして踏み入れない私のお布団。(わざわざ避けて歩く)
布団の上で作業してたら、この状態…
猫あるあるやね…
飽きるまではしばらくいてくれるのかな。

夜中の揺れでちょっと緊張気味だったチビちゃんが寝床からやっと出てきてノビ~
IMG_3925
 
母親は姉夫婦のところへ泊まってもらい、今夜はひとりお泊まりで猫番。

それでも、やっぱり私の布団には足を載っけるだけで、絶対に入ってこない……さみしー(´⊙ω⊙`)
IMG_3932

お、また寝床戻っていく…ツレないわ…… 

めっちゃ揺れましたが、無事です。

昨日からiPadの充電器が行方不明で、電源が入らず、LINEができなくて、ご心配おかけしました。

実家に寝泊まりしているので、ドンってきたとき、とっさに、母親の部屋に飛び込みました。
彼女の部屋は狭くて、モノが多いので、とりあえず、彼女を部屋から連れ出して、布団にくるんで、揺れが収まるまでずっと背中をさすっていました。
ひとりでいるので、たまたま私が休みで、いっしょにいてあげられて、本当によかった。

自分がいざというときに起こす行動って、自分でも驚くなあ。
意外に冷静。めっちゃ素早い行動だった…
自分が怖い、という意識よりも、人のこと考えてる方が動けるみたいやね。なるほど。

ネコのチビちゃんは寝床から顔だけ出して、目をまん丸にして、小さな声でにゃーにゃーと鳴いてました。
落ち着いてからは、あちこち見回りして、しっぽをパタンパタンさせてました。

家の周りはガスが止まったり、エレベーターが止まっていたり。
自分の家の方も、靴箱の上のインテリアが落ちてたくらい。
救急車のサイレンが耐えず鳴ってて物々しい雰囲気だったけど、ちょっと落ち着いてきたかな。

高槻の小学校、テレビで出てるけど、うちの職場の人の子供が通ってる小学校らしい。
まだまだ油断できない状況だけど、とりあえず、ご報告まで。

今日非番でよかった。
去年から職場で一緒に活動してきたイベントボラティアのMさんが亡くなっていたと連絡がありました。
彼女が亡くなったとき、私はちょうど、イベントボランティア会議で司会進行をしていました。
本当ににツライです。

治療をしていらっしゃるというのは聞いていたけれど、この間お会いしたときも笑顔で、8月の予定もいっしょに立てていましたし…きっと最後まで諦めずに、過ごされたのだと思います。
演劇経験者で、ご病気で退職されるまでは学校の先生だったというMさん。
最初に絵本を読み聞かせされたとき、しっかり訓練されたお声で読まれてて、かっこよかった。(終わってからすぐに『何かやってはりました?』とお声をかけましたね)
去年のクリスマスおはなし会での人形劇「3びきのこぶた」のオオカミ役はコミカルで味があって、大好評。ほんとにおもしろかったんです。
今年もいっしょにやれると勝手に思っていました。
こんなに早くお別れのときが来てしまうなんて。
もっともっとお話したいことがありました。
私の芝居も「観にいくねー」って。

残された時間を図書館を通じて地域のために使ってくださったこと、本当に感謝です。
楽しい時間を過ごしくださったと信じています。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

私がイベントボランティアの担当になってから、お亡くなりになった方は実はお二人め。
お二人とも「地域の子供たちのためにできることがあれば」と参加されていました。
そういう時間の使い方ができるって本当にすごいと思います。

私もそのときそのときを、人との出逢いを、大切に、生きていきたいと思います。

今回の公演は初の会場、春には久々のストレートプレイ。
その他いくつものチャレンジがあった。
だから、失敗を含め、公演としては意義のある公演だった。
4公演、超満員でパンパンのお客様で。
今回やれたから、次がある。

ああ、いいメンバーだったから、余計に悔しい。
もっとたくさんのお客様に観てほしかったから。
この悔しさが、パワーになる。
思いは尽きない、けど、とりあえず、今日のところはこのくらいにして…寝よう。 

このページのトップヘ