3人の王妃(о´∀`о)とティアラ

IMG_1837
真ん中のがきりやんのティアラと対照的な黄金のティアラ。作者は同じです。
そして右のティアラは、そう、きりやんのと同じモデルです。
きりやんのティアラ見たら、この公演やったときのことを思い出した。
めっちゃ衣装大変やったなぁ。
IMG_1836
3人のイングランド王妃。
真ん中がヘンリー6世の王妃マーガレット。ランカスター家(赤薔薇)最後の王妃です。
次の王、有名なリチャード3世の王妃が左。ヨーク家(白薔薇)の王妃、アン。
そしてその次に王になったヘンリー7世の王妃が右。ランカスターとヨークを結んだ白薔薇の王妃エリザベス。
すごいメンバーやね〜( ^ω^ )この写真、お気に入り。
赤いティアラは矢がモチーフになっていて、気のキツ〜イ女性をイメージしたティアラです。
パールの色がちょっと黄色っぽいパールで、ゴールドにとっても合ってます。
ゴージャスな衣装ともピッタリ。
きりやんのティアラの清楚な美しさとは真逆。ラインも直線的でシャープ。 
美しいものは見てるだけでテンション上がるわ〜(*≧∀≦*)
実際にきりやんが使用された方のティアラは我が家の家宝!!!大切に保管されています。
また実家に見に行こう( ^ω^ ) 

今日のお昼ごはん

9629a79b.jpg
ホッとしたくて、遅い外食。
ひっさびさのミスド(・ω・)ノ 

きりやんご使用のティアラ

K4020908
これは、元宝塚の霧矢さんが『マイ・フェア・レディ』初演でイライザ役を演られたときにパーティシーンでつけていたティアラ。
ホンモノ(*≧∀≦*)
これが何ヶ月もほぼ毎日きりやんの頭の上にのっかってたのか〜って思うと感激。
K4020907
現物が使用後返却されていたとは思ってなくて、今日改めて見ると、なんだか不思議な美しさが。
雑誌掲載のために作られた、これと全く同じものを以前舞台で使わせてもらったけど、違うものみたいに感じる。
使っているうちにきりやんの頭に合ってくるやろうし、あのでっかい舞台で観客の目に耐えた凄味というか。
やっぱりモノには魂が宿るんやね。
製作秘話もいろいろ聞いてビックリ。
この作品の名前が『fairy wing』って聞いてたし、てっきりイライザのために作られたものだと思ってたら、募集のときに特に指定はなかったらしい。パーティで使うもの的な。
でも、めっちゃあのドレスにピッタリやったし!!!(部屋にはきりやんがこのティアラをつけている写真が飾ってある)
製作者の話によると、設定は「新人の女優さんが初めての大きな舞台で」ドキドキしてるんやけど行くぞ的なイメージ(だいたいこんな感じやったと)その女優さんの性格まで想像してて、後日展示会でこのティアラをわざわざ見にきてくださった、きりやんファンの人にその話をしたら、『それ、普段の霧矢さんそのもの』と言われたらしい。それが選ばれるなんてすごいやん!ヽ(・∀・)
でも作った本人は当選したあともそれが「イライザが」つけるとは知らず。
ゲネプロを見たお師匠先生が感激の電話をくれて初めて知ったらしい。パーティでこの中の誰かがつけてるって思って見てたら、ヒロインが登場して、その頭上に輝いてたら……そりゃ驚くわ〜
私が『レッドドラゴン』のときに作ってもらったティアラも、めっちゃ細かく女王様の性格を想像して作ってくれたみたい。私は設定しか説明してなかったんやけど。あれもとってもステキで、パワーをいっぱいもらったなぁ。
改めて、『モノづくり』の不思議と魅力を感じた日でした*\(^o^)/*
ギャラリー
  • アートショップ&ギャラリー・アラヒレス
  • アートショップ&ギャラリー・アラヒレス
  • 映画からの
  • 追伸。まさかのシャア様(°▽°)
  • 『ボブという名の猫』観劇(*≧∀≦*)
  • 『ボブという名の猫』観劇(*≧∀≦*)
  • めずらしく家で呑み
  • めずらしく家で呑み
  • 3人の王妃(о´∀`о)とティアラ